病態生化学講座のホームページへようこそ!

病態生化学講座では生体内における代謝恒常性維持機構とその破綻により生活習慣病や加齢関連疾患が発症するメカニズムの解明を行っています。

 

 

我々の研究室では、多彩な分子生物学・生化学の手法を駆使し疾患モデルマウス・遺伝子改変マウスの解析を通じて、糖尿病やメタボリックシンドロームを始めとする生活習慣病・加齢関連疾患の成因解明や新規治療法の開発を行っています。最近では代謝変容の観点から老化のしくみについても研究を進めています。

興味のある方は、研究内容を別のページに記載していますので、上のタブもしくは下のアイコンをクリックしてお進みください。

Latest News 新着情報

Feb 2021

循環器内科との共同研究がNature Metabolism誌に掲載されました。

Jan 2021

代謝内科学との共同研究がBMJ Open Diabetes Res Care誌に掲載されました。

August 2020

Mostafizur大学院生と佐藤助教の論文がBBA誌に掲載されました。

Research
研究
ラップトップ&コーヒー
Publication
​業績
カラフルなバブル
Recruit
​大学院募集
鉛筆

新型ウイルスの影響で、5月(2020年度)の大学院入試説明会は中止になりWeb説明会で研究室を紹介しています。興味のある方は下のサイトをご覧ください。

柴三郎プログラム.jpg
 About us
ウェブコンサルティング

連絡先

〒 860-8556
熊本市本荘1丁目1番1号
熊本大学大学院生命科学研究部 病態生化学講座

TEL: 096-373-5070 (受付)
FAX: 096-364-6940

  • Facebook Clean
  • LinkedIn Clean

copyright(c) by Department of Medical Biochemistry, All rights reserved.